ReplayXD 購入者専用ユーザーサポートサイト

弊社正規輸入代理店でご購入のお客様専用サイトです。 アクセスはこちら
本体ご購入時にメールでご案内いたしましたIDとパスワードを入力してログインすると、下記のサポートが受けられます。
・撮影シーンに合わせた、オリジナル設定ファイル
・日本語取扱説明書のダウンロード

Replay PRIME X ファームウェアアップデート

 PRIME X
ファームウェアバージョン:v001.058

Post Date: 2014.12.26
File Size: 17.4 MB
ファイルのダウンロードこちら

リプレイPRIME Xを最適な環境でお使いいただけるように常に最新のファームウェアにアップデートしてください。

v001.058で改善された機能

総合的な機能改善
ユーザインターフェースの改善
アプリとの互換性改良
アプリ用プレビュー・プレイバックのサムネール追加
ファームウェアアップグレード方法
・準備
デスクトップに圧縮ファイル(Prime-X_FW_update_v149.zip)をダウンロードします。
Prime-X_FW_update_v158.zipを解凍します。
リプレイXDPRIME Xでお使いのマイクロSDカードをフォーマットします(FAT32形式)
解凍したフォルダ内にあるファイル"Prime-X.bin"をマイクロSDカードのルートディレクトリにコピーします。
コピーが完了したら、マイクロSDをコンピューターから取り外してください。

・本体アップデート方法

リプレイXDPRIME Xの電源を切ります。
ファイルコピーをしたマイクロSDをリプレイXDPRIME X本体に挿入します。
背面右側のFOVボタンを押したまま、電源を入れます。
本体が3回振動して赤、青LEDが同時に点滅しファームウェアを読み込みます。
ファームウェアのインストールが完了すると本体の電源が自動的に切れます。
(もし、リプレイXDPRIME X本体のLEDが3分経過しても点滅している場合、手動で電源ボタンを押し、電源をお切りください。その後、クリップ等でリセットボタンを押してリセットしてください。
もう一度はじめからファームウェアのインストールを行なってください)

重要!
手順通りに従わずにアップグレードを行った場合やLEDが点滅中に作業を中断した場合は、カメラに致命的なダメージを与える場合がございます。

マイクロSDから"Prime-X.bin"ファイルを削除してください。
マイクロSDをレプレイXDPRIME X本体で再フォーマットしてください。
(電源投入後、FPSボタンとMODEボタンを同時に10秒以上押してください。フォーマットが開始されます。)

重要!
この機能はあなたのマイクロSDに入っている全てのファイル等を消去してしまいますので、ご注意ください。
全てのファイルのバックアップを行なってください。
もし、ファームウェアアップグレードで問題が生じた場合は、リプレイ本体付属のマイクロSDをご使用になってください。



ReplayXD ファームウェアアップデート

ReplayXD1080 Camera
ファームウェアバージョン:v51

Post Date: 2013.10.03
File Size: 3.9 MB
ファイルのダウンロードこちら

リプレイXD1080を最適な環境でお使いいただけるように常に最新のファームウェアにアップデートしてください。

v51で追加された機能

BR:初期設定ビットレートをH(ハイ)
FTF:ファイルトリム機能を初期設定では「なし」に変更
CTL:カスタムタイムラプスセッティングをリアキャップの説明と同期しました。
SDF:メモリーカードの容量をオーバーした際の上書き機能を、初期設定では「OFF」に。「ON」で古いものから上書きするループ機能を追加しました。

v51のアップデート内容(テキストファイル設定)
・CFN:カスタムファイル名の先頭4文字をa~z及びA~Zで設定可能になりました。初期設定値は「REPLAYXD0001」(v45,47から継続)
・APSS:自動電源オン・オフ機能。この機能を「オン」にすると、外部バッテリー接続と同時に電源が入り録画がスタートします。また、外部バッテリーを外すと録画を停止し、電源がPDD(パワーダウンタイマー設定)で設定したタイミングで切れます。
・PDD:パワーダウンタイマー。APSS設定時に電源OFFまでの時間を設定する機能です。初期設定は1分、5,15,30分もしくは電源を切らない(Never)に設定できます。
・サンディスクのマイクロSDカードに対応。
・アドバンス設定のテキストファイルの対応OSをWindowsXP~7、MacOSX 10.7に変更しました。
・オートホワイトバランスの鮮明度定義を追加しました。
・CSD:SDカードが挿入されていない場合、5分後に電源シャットダウンのON/OFFを選択可能に。
・ASD:動作のない状態が5分連続する際の、電源シャットダウンのON/OFFを選択可能に。・LV:HDMIライブヴューのTVアウトプットをNTCS、PALを選択可に。
・AO:HDMIライブヴューのオーディオアウトプットのON/OFFを選択可に。
・PB:HDMIプレイバック機能をON/OFF選択可に
・CTL:(写真撮影)タイムラプス撮影の撮影間隔とモード設定を変更可能に。
マニュアルシャッターモード、タイムラプスモード、連写(キャプチャー)モード、タイムラプス/連射コンボモード。

ファームウェアアップグレード方法
・準備
デスクトップに圧縮ファイル(XD1080fw_single_update_v51.zip)をダウンロードします。
XD1080fw_single_update_v51.zipを解凍します。
リプレイXD1080でお使いのマイクロSDカードをフォーマットします(FAT32形式)
解凍したフォルダ内にある、"XD1080fw.bin"と"XD1080.txt"をマイクロSDカードのルートディレクトリにコピーします。
コピーが完了したら、マイクロSDをコンピューターから取り外してください。

・本体アップデート方法

リプレイXD1080の電源を切ります。
ファイルコピーをしたマイクロSDをリプレイXD1080本体に挿入します。
背面右側のFOVボタンを押したまま、電源を入れます。
本体が3回振動して赤、青LEDが同時に点滅しファームウェアを読み込みます。
ファームウェアのインストールが完了すると本体の電源が自動的に切れます。
(もし、リプレイXD1080本体のLEDが3分経過しても点滅している場合、手動で電源ボタンを押し、電源をお切りください。その後、クリップ等でリセットボタンを押してリセットしてください。
もう一度はじめからファームウェアのインストールを行なってください)

重要!
手順通りに従わずにアップグレードを行った場合やLEDが点滅中に作業を中断した場合は、カメラに致命的なダメージを与える場合がございます。

マイクロSDから"XD1080fw.bin"ファイルを削除してください。
マイクロSDをレプレイXD1080本体で再フォーマットしてください。
(電源投入後、FPSボタンとMODEボタンを同時に10秒以上押してください。フォーマットが開始されます。)

重要!
この機能はあなたのマイクロSDに入っている全てのファイル等を消去してしまいますので、ご注意ください。
全てのファイルのバックアップを行なってください。
もし、ファームウェアアップグレードで問題が生じた場合は、リプレイ本体付属のマイクロSDをご使用になってください。



ReplayXD 日本サポート窓口

サポートお問い合わせは下記までお願いいたします。
群馬インターネット株式会社
郵便番号:370-0851
群馬県高崎市上中居町684
電話番号:027-310-8333(平日9:00~17:00)
休業日:土曜、休日および会社の定めた休日
メールアドレス:info@replayxd.ne.jp
*仕様および価格は予告なく変更する場合がございます。
 

Top